補助人工心臓治療
関連学会協議会
インペラ部会

施設認定について

IMPELLA実施までのプロセスは下図の通りである。医療機関から施設認定の申請がなされると、書類審査の後、補助人工心臓治療関連学会協議会 インペラ部会による書類審査が行われる。書類審査の結果を総合的に判断し、補助人工心臓治療関連学会協議会 インペラ部会において施設認定の可否が最終決定される。ただし、必要に応じて、申請内容の確認のために、現地調査が行われることもある。本部会より施設認定の証明書が発行され、これにより製造販売業者から製品のトレーニングが可能となる。その後、施設認定を受けた医療機関は、ハートチーム並びに関連する部署のスタッフがトレーニングプログラムを受講、完了し、デバイスの納入、IMPELLAの使用が可能となる。

図 - 施設認定申請フロー
: 施設認定申請フロー

1.施設認定申請及び書類審査

実施施設認定申請時に必要な書類は下記の通りである。
申請書類一式を記入し、添付書類を準備の上、補助人工心臓治療関連学会協議会 インペラ部会まで送付すること。
申請費用:50,000円

申請書類一式

IMPELLA実施施設認定申請書類 (Excel版)

連絡情報をご記入し、「送信」をクリックすると、IMPELLA実施施設認定申請書類 (Excel版)のダウンロードページに移ります。

添付書類

送付先

〒565-0871 大阪府吹田市山田丘2-2
大阪大学大学院医学系研究科外科学講座心臓血管外科学内
補助人工心臓治療関連学会協議会 インペラ部会事務局
提出書類に明らかな不備・不正が確認された場合、書類審査は行われない。

振込先

三菱東京UFJ銀行(銀行コード:0005)
茨木支店(支店コード:219)
普通預金 0286563
名義:補助人工心臓治療関連学会協議会インペラ部会 澤 芳樹

2.現地調査

必要がある場合は、補助人工心臓治療関連学会協議会 インペラ部会が選定する調査員により、現地調査が行われる。現地調査に要した交通費(地域・日程によっては宿泊費も含む)については申請医療機関が負担する(実費請求)。 調査日時の詳細については事務局が申請医療機関及び調査員のスケジュールを調整し、別途案内する。

3.施設認定

実施施設認定の可否については、IMPELLA関連学会協議会が書類審査及び現地調査の結果を総合的に判断し決定する。施設認定された医療機関にはその旨連絡し、補助人工心臓治療関連学会協議会 インペラ部会よりIMPELLA実施施設証明書を発行する。

認定費用:100,000円

4.トレーニングプログラム

製造販売業者により開催される。
詳細については業者に問い合わせのこと。


施設認定の更新申請について

IMPELLA実施施設の更新については別途定める。